--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-21(Wed)

おすすめの本 「池袋ウエストゲートパーク」

今日は昨日に引き続き、おすすめの本を紹介します。

池袋ウエストゲートパーク    著:石田衣良/1997年

池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)
石田 衣良
文芸春秋
売り上げランキング: 48214

不良の話かと思っていて敬遠していたのですが、
読んでみると、主人公は不良でもヤンキーでもない
池袋西口にある果物屋の息子でした。

その果物屋の息子、真島誠の周りではなぜかトラブルが頻発してしまう。
誠は困っている人を見逃せない性分で、嫌々ながらもトラブルを解決するはめに。

オタクや引きこもりと協力して、誘拐された少女を捜査したり、
時にはギャングや、ヤクザ、警察にも利用したり、利用されたりと。

そして、いつしか「池袋のトラブルシューター」として名が知れてしまい、
更にトラブルが転がり込んでしまう悪循環に・・・

誠の親友であり、池袋のギャング集団「G-Boys」のキング・安藤崇。
こいつが強くてクールでかっこいい!!
要所々で、誠をサポートする。

また、外せないのが、誠が頭のあがらない肝っ玉かあちゃん。
このかあちゃんがアクセントとなって物語を更に盛り上げる!!

「池袋ウエストゲートパーク」は現代の社会問題やニュースをうまく取り上げて、
ユーモラス、時にはシビアに描き出していて、単なる娯楽小説には収まりません。

現在、池袋ウエストゲートパーク 1~7 まで出ています。
池袋ウエストゲートパーク
少年計数機―池袋ウエストゲートパーク〈2〉 (文春文庫)
骨音 池袋ウエストゲートパーク3
電子の星 池袋ウエストゲートパークIV (文春文庫)
反自殺クラブ―池袋ウエストゲートパーク5 (文春文庫 い 47-9)
灰色のピーターパン―池袋ウエストゲートパーク〈6〉 (池袋ウエストゲートパーク (6))
Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク7

また、宮藤官九郎の脚本による長瀬智也主演、
加藤あい、窪塚洋介助演でドラマ化されています。
こちらは小説とはまた雰囲気やストーリーが異なっていて面白いです。

池袋ウエストゲートパーク(1)
ポニーキャニオン (2000/07/19)
売り上げランキング: 1767
長瀬智也、加藤あい、窪塚洋介、山下智久、妻夫木聡、
坂口憲二、佐藤隆太、阿部サダヲ、渡辺謙

現在放映されているドラマ「医龍2」では、坂口憲二がかなりかっこいいですが、
「池袋ウエストゲートパーク」では、かなり危ない役をやっています。
医龍でのイメージを壊したくない人は見ない方がいいかもしれません・・・

個人的には、ドラマより小説の方が好きです。
ドラマでは窪塚洋介演じる安藤崇が、あまりクールではないのが残念でした。

by KP

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

フリーエリア

プロフィール

ケーピー&キノコ

Author:ケーピー&キノコ
ケーピー&キノコの部屋へようこそ!!

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
便利な検索
Google
RSSフィード
リンク
本を買うなら
フリーエリア
Amazonのおすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。