--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-19(Mon)

おすすめの本 「アヒルと鴨のコインロッカー」

今日はおすすめの本、映画を紹介したいと思います。

アヒルと鴨のコインロッカー  著:伊坂幸太郎/2004年

アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
伊坂 幸太郎
東京創元社
売り上げランキング: 298

残酷で切ない物語です。

大学生の椎名は越してきたばかりのアパートの隣人に、
本屋を襲って広辞苑を奪わないかといきなり持ちかけられる。
そして、断りきれないまま本屋に向かい、襲撃の手伝いをさせられてしまう。

しかし、そこにはただ広辞苑を奪うというだけではなく、
深く残酷な過去が複雑に絡んでいた。

ラストにとんでもないトリックが隠されていて、驚愕させられました。

そんな物語が映画化されており、どういう風に映像化されているのだろうかと
興味津々で食い入るように見ました。

アヒルと鴨のコインロッカー
アミューズソフトエンタテインメント (2008-01-25)
売り上げランキング: 1219

出演:瑛太、濱田岳、関めぐみ、大塚寧々、松田龍平

伊坂幸太郎の世界が忠実に再現されており、
加えて小説にも頻繁に出てくるボブ・ディランの「風に吹かれて」が
要所々で気だるく心に響くように流れてなんとも切ない気持ちになりました。

本は本で、映画は映画でとても良かったです。

by KP

-関連ブログ-
・おすすめの本 「陽気なギャングが地球を回す」
・おすすめの本 「死神の精度」

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

フリーエリア

プロフィール

ケーピー&キノコ

Author:ケーピー&キノコ
ケーピー&キノコの部屋へようこそ!!

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
便利な検索
Google
RSSフィード
リンク
本を買うなら
フリーエリア
Amazonのおすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。