--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-24(Thu)

おすすめの本 「鹿男あをによし」

西明石にもとうとう雪が降りました・・・
去年の暖冬とは一転、今年は体の芯まで冷えます。

今日はおすすめの本を紹介します。

鹿男あをによし    著:万城目 学 (マキメ マナブ)/2007年

鹿男あをによし
鹿男あをによし
posted with amazlet at 10.02.28
万城目 学
幻冬舎
売り上げランキング: 6540

鴨川ホルモー」に続く、万城目 学の第2作目です。
「鴨川ホルモー」では京都が舞台でしたが、
こちらは奈良が舞台の壮大なファンタジーです。

この本を読んでると、無性に奈良を散策したくなりました。

大学研究室勤務の「おれ」は神経質な性格があだとなり、
研究室で大失敗を冒してしまう。
その結果、研究室を追いやられ、教授の知り合いがいる
奈良の女子高に臨時で勤務することに。

しかし、赴任初日に遅刻してきた清楚な生徒堀田を
必要以上に叱るはめとなり、逆恨みを買ってしまう。
次の日から微妙な嫌がらせが始まり、
「神経衰弱」も相まって、毎日のようにトイレに駆け込む日々が続く・・・

そんなある日、奈良公園で落ち込んでいると、
一匹の雌鹿が悠々とした足取りで「おれ」の前に現れた。

「さぁ、神無月だ。出番だよ、先生」

ダンディーな声で雌鹿は唐突に言葉を発した。

日本人なら誰もが知っている歴史を巧妙に絡めた壮大なファンタジーです。
冒頭から物語に引き込まれます。


玉木宏、綾瀬はるか出演でドラマも始まりました。期待大です。
夜のピクニック」で主演の多部未華子の演技も楽しみです。

-鹿男あをによし オフィシャルサイト-

ちなみに本では、綾瀬はるか役の教師は男の設定です。

余談ですが、「あをによし」の意味は本の中では全く語られません。
ネットで調べたら、「あをによし」とは「青丹よし」と書き、奈良の枕詞らしいです。

by KP

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

フリーエリア

プロフィール

ケーピー&キノコ

Author:ケーピー&キノコ
ケーピー&キノコの部屋へようこそ!!

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
便利な検索
Google
RSSフィード
リンク
本を買うなら
フリーエリア
Amazonのおすすめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。